Crucial m4 CT128M4SSD1が安かったので。

ノートPCやMac mini、外部向けLinuxサーバはSSDに換装しているのですが、
メインのデスクトップはHDDのRAID0の構成で不満は無くSSDにしてなかったので、換装してみました。
ちなみに、SATA2なのでシーケンシャルリードは天井にぶつかります。

まずは以前の構成(HDD RAID0)のベンチマーク

SSD移行後のベンチのためOSが動作してない状態ですが、使用量が多いため、
スコアは伸び悩む感じです。

SSD換装後

EaseUS Todo Backupを使用して、OSパーティションを丸々コピー。
しかし、ランダムライトの速度が出てないのでまさかと思い、
パーティションの数値を確認したところ、例の現象でした。

パーティションアライメント修正後

EaseUS Todo Backupで明示的に Optimize SSDを選択してコピーやり直し。
今度は成功です。

OSディスクを移行しつつ、元のドライブも使い続ける場合の留意点

作業開始前に、BIOSでブートドライブをコピー先のSSDにしておく。(失敗しづらい。)
以下、今回成功したオペレーション。

  1. BIOSでブートドライブをコピー先のSSDにする。
  2. マシン起動時に、ブートメニューを表示し、コピー元のディスクを選ぶ。
  3. OSが起動したらEaseUS Todo Backupを起動する。
  4. コピー元とコピー先のドライブを選択し、SSDへの最適化の項目もチェックを入れる。
  5. コピーされる。
  6. 再起動する。
  7. (ブートドライブは変更済の為、)SSDでOSが立ち上がる。

投稿者:

Kenzo

サイト管理人です。 お仕事募集中です。 システム開発を生業としています。 どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です