Acer 3820T-F52C ASPIRE TimeLineX をD2Dリカバリーしてみた

D2Dリカバリって何ぞや

ハードディスクに隠し領域として、工場出荷時に復元するための領域が作成してあり、
DVDなどの光学メディアを使わずに、パソコン単体でリカバリーが可能な仕組み。
10年前には既に存在していたので、知ってる方も多いかと。

ってことで、やりかた

  1. データのバックアップをとる
  2. 電源を落とす
  3. 電源ボタンを押してすぐに、[Alt]をおしっぱなにして[F10]連打
    ちなみに、Quick Bootモードの場合等は、
    電源押して数十分待つとブートが遅くなるので、リカバリーモードに入りやすい
  4. D2Dリカバリモードに入るので、マウスをポチポチしてリカバリーを進める

Application | Acer Updater | 1.02.3502 | 7.8 MB | 2012/04/13

で、SSDに換装しているのですが、リカバリーには結構時間かかりました(30分以上)。

リカバリー完了後のデスクトップ

なんとまあクリーン…
desktop

ドライブの使用量とか

120GBのSSDなので残量はあれですが、デフォで30GB使用されてる様子
disk
ちなみに、各種アップデートをすると使用量が10GBほど増えました。

投稿者:

Kenzo

サイト管理人です。 お仕事募集中です。 システム開発を生業としています。 どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です