Windows 7 アップグレード版が意外と安かった

メインマシンで Windows 7 Professional を使用しているのですが、使い勝手が非常にいい!
ということで、2ndマシンとして使用している ノートPC を XP⇒7 へとアップグレードしようと考えています。

OSはDSPパッケージを購入しようと思っていたけれど、Home Premium の場合はアップグレード版と値段が変わらない。

ということで、一寸惹かれたので記事にしておきます。

違い
・DSP版は 32bit か 64bit を選択して買うことになるが、製品版の場合は両方が入っている。
・DSP版はインストールに関して制限がある(はず)。
・アップグレード版は、アップグレード元がないと使えない(当然)。

ちなみに、Professional版だと、DSP版が明らかにお買い得(5千円差)です。

Windows 7 Upgrade Advisor

あまり有名でないので紹介します。

Windows 7 Upgrade Advisor

MS純正のWindows7互換性チェックツールです。
チェックしたいマシンにインストールし実行することで、互換性の検証が可能です。
検証には数分程度の時間がかかります。
32bitへの対応と、64bitへの対応がそれぞれチェックできるようです。

遅いマシンが利用できたので軽く検証してみました。
■検証マシン
Pentium4 HT 3.2GHz
1.5GB RAM
以下のような結果が得られました。

32bit

64bit