using html tags

<strong>Strong tag</strong>
Strong tag

<em>EMphasis tag</em>
EMphasis tag

<span style=”text-decoration: line-through;”>css style=”text-decoration: line-through;”</span>
css style=”text-decoration: line-through;”

<ul>
<li>li in ul</li>
<li>li in ul</li>
<li>li in ul</li>
</ul>

  • li in ul
  • li in ul
  • li in ul

<ol>
<li>li in ol</li>
<li>li in ol</li>
<li>li in ol</li>
</ol>

  1. li in ol
  2. li in ol
  3. li in ol

<h1><!–more–></h1>

続きを読む using html tags

村口和孝

独立系ベンチャーキャピタル日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)の代表。元ジャフコで投資活動を行い1998年にNTVPを立ち上げた。NTVPの投資成功例として、ディー・エヌ・エー(2004年2月東証マザーズ上場)、インフォテリア(2007年6月東証マザーズ上場)などがある。
経歴
1958年 徳島県海部郡海南町(現:海陽町)に生まれる。
1984年 慶應義塾大学経済学部卒業。
1984年 野村證券系VCジャフコ入社。
1998年 日本テクノロジーベンチャーパートナーズ設立。
2003年 徳島大学客員教授就任。
著書
『ザ・ベンチャーキャピタル』(原題:zero gravity)を監訳。
NTVP

how to set up the Android SDK and Eclipse with ADT Plugin.

Honeycomb対応版はコチラ

以下の情報は古いです。

セットアップ方法のメモ書き
・Android SDK
・eclipse with ADT(Android Development Tools) Plugin

なお、基本的にはAndroid Developers Siteからの引用となります。

0.事前確認
javaの開発キットがインストールされていること。
されていない場合はインストールすること。
ここでは割愛させて頂きます。

1.SDKのダウンロード
使用しているOSに適合するSDKをダウンロードします。
http://developer.android.com/sdk/index.html

2.eclipseのダウンロード
執筆時点では、ver3.5/クラシック版が推奨されています。
ダウンロードページの一番下にあります(要確認)。
http://www.eclipse.org/

3.設置
上記2点を解凍し適当なディレクトリに設置します。
ex.C\Android\eclipse
ex.C\Android\android-sdk-windows

4.Pathを通す(任意)
sdkのtoolフォルダにパスを通すと、
コマンドラインから各種ツールの起動が可能となります。
なお、筆者は現時点では通してません。

5.Eclipse用ADT Plugin のインストール
1.eclipseを起動。
2.ワークスペースの配置は任意で設定。
「./workspace」と設定すると、eclipse配下に設定される。
3.上部メニューより[Help] – [Install New Software]を選択。
4.ダイアログが開いたら、右上のaddボタンを押下。
5.さらに小窓が開くので、入力エリアに下記の要領で入力。
Name(任意名称)は「Android Plugin」
locationは「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」
okボタンを押下。
※後の工程でダウンロードエラーが発生する場合は、
「http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」に変更すること。
6.ダイアログ画面に戻り、しばらくすると、リスト内に「Developer Tools」が表示される。
左のチェックボックスにチェックを入れ、okを押下。
この選択により、以下の2点がインストールされる。
・Android DDMS
・Android Development Tools
7.画面が切り替わりインストールの確認などはokで進む。
8.ライセンスは”しっかり”と読みacceptし、okで進む。
9.自動でダウンロードされ、インストールが行われる。
10.eclipseの再始動が強く推奨されるので、okにて再起動。
11.再起動が完了したら、SDKのロケーションを設定する。
上部メニューより[Window] – [Preferences]を選択。
12.ダイアログが表示されたら、左メニューより[Android]を選択。
13.SDKのロケートが行われていないためエラーダイアログが表示される。
Blowseボタンを押し、SDKの設置ディレクトリを指定。
以上でpluginのインストール終了。

6.SDKのセットアップ
SDKのデイレクトリ直下に「SDK Setup.exe」が存在する。
コレを起動すると、各種設定と必要なファイルをサーバよりダウンロードすることができる。
Android SDK and AVD Managerが接続に失敗する場合は、[Setting]の設定を変更すると接続できる場合が多い。
なお、現時点ではAndroid ver1.6が開発向きだと思われる。

<編集中公開>

(株)フェンリル * (株)ジェーン

フェンリル:タブブラウザ”Sleipnir”が有名どころ。
ジェーン:”Jane Style” , “SmileDownloader”が有名どころ。

著者はSleipnirとSmileDownloaderを愛用してます。

両社の長による対談

よりユーザーフレンドリーなモノを作って、
ユーザーより評価され、収益も図れる。
私たちも最高の循環を得たいと思う。

Minutes 20100324

Our Target: Consumers around 10s – 40s who already usually use web service.
Most Important Theme: Nice web contents like movie, photo and application
In future: Creating nice contents, Creating platform to share nice contents
1st approach: Creating contents because we need to understand needs and seeds
Business Model: Consumer=Fee (+alfa for extra service), Charge on to advertiser
Idea: Google Map -> Street View -> real? movie