mixi の 現状と新プラットフォーム

どっこい、mixiは伸びていた【湯川】
@TechWave
mixi の現状、新プラットフォームの概念が記述されている。

サービスを増やすと、外観が複雑化しユーザビリティが低下するのは否定できないが、それでも遣らないといけない。
下手な鉄砲…では無いが、全体でユーザを囲い込もうと思ったら、複数のサービスを展開し、選択肢を広げるのは正しい流れなのだろう。

個人的には、mixiアプリは使ったことが無いが、つぶやきはtwitterと連動させ使用している。
フォトアルバムもなかなか使いやすく、利用している。
日記もマイミクの方々より更新頻度は高い。というより、定期的に更新している人は皆無に近い。
ちなみに、更新はPCで行い、スマートフォンでは観覧のみ。ガラケーで使用することは無い。

「おもしろいサービス」というテーマの中には当然ながらユーザビリティも含まれるが、
それを囲うプラットフォームのユーザビリティもそれ以上に重要なのかもしれない。
サービスを生かすも殺すもプラットフォーム次第だということを他の分野で痛感している。

mixi meetup 2010 – Social Leaders Conference –

投稿者:

Kenzo

サイト管理人です。 お仕事募集中です。 システム開発を生業としています。 どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください