PC上で Honeycomb の開発環境を整える

以下2点のセットアップ方法のメモ書き
・Android SDK
・eclipse with ADT(Android Development Tools) Plugin

なお、基本的にはAndroid Developers Siteからの引用となります。

  1. 事前確認
  2. java(開発キット)がインストールされていること。
    されていない場合はインストールすること。
    ここでは割愛させて頂きます。
    ※開発しないのであれば開発キットでなくてもokかもです。

  3. Android SDKのダウンロード
  4. 使用しているOSに適合するSDKをダウンロードします。
    http://developer.android.com/sdk/index.html

  5. Eclipseのダウンロード
  6. 執筆時点では、
    Eclipse Classic (クラシック版) の3.5以上(3.6.1が最新) が推奨されています。
    http://www.eclipse.org/downloads/

  7. 設置
  8. 上記2点を解凍し適当なディレクトリに設置します。
    ex. C\Android\eclipse
    ex. C\Android\android-sdk-windows

  9. Pathを通す(任意)
  10. sdkのtoolフォルダにパスを通すと、
    コマンドラインから各種ツールの起動が可能となります。
    なお、筆者は現時点では通してません。

  11. Eclipse用ADT Plugin のインストール
  12. 1. eclipseを起動。
    2. ワークスペースの配置は任意で設定。
    「./workspace」と設定すると、eclipse配下に設定される。
    3. 上部メニューより[Help] – [Install New Software]を選択。
    4. ダイアログが開いたら、右上のaddボタンを押下。
    5. さらに小窓が開くので、入力エリアに下記の要領で入力。
    Name(任意名称)は「Android Plugin」
    locationは「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」
    okボタンを押下。
    ※後の工程でダウンロードエラーが発生する場合は、
    「http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」に変更すること。
    6. ダイアログ画面に戻り、しばらくすると、リスト内に「Developer Tools」が表示される。
    左のチェックボックスにチェックを入れ、okを押下。
    この選択により、3点のツールがインストールされる。
    7. 画面が切り替わりインストールの確認などはokで進む。
    8. ライセンスは”しっかり”と読みacceptし、okで進む。
    9. 自動でダウンロードされ、インストールが行われる。
    10. eclipseの再始動が強く推奨されるので、okにて再起動。
    11. 再起動が完了したら、SDKのロケーションを設定する。
    上部メニューより[Window] – [Preferences]を選択。
    12. ダイアログが表示されたら、左メニューより[Android]を選択。
    13. SDKのロケートが行われていないためエラーダイアログが表示される。
    Blowseボタンを押し、SDKの設置ディレクトリを指定。
    以上でpluginのインストール終了。

  13. SDKのセットアップ
  14. SDKのデイレクトリ直下に「SDK Setup.exe」が存在する。
    コレを起動すると、各種設定と必要なファイルをサーバよりダウンロードすることができる。
    Android SDK and AVD Managerが接続に失敗する場合は、[Setting]の設定を変更すると接続できる場合が多い。
    ダウンロード対象の中にHoneycombのプレビュー版が含まれているので、
    これをダウンロード。

  15. ヴァーチャルマシンの作成
  16. Android SDK and AVD Managerより、
    Virtual devices – newボタン押下。
    Create画面が開くので、
    Nameは適当[honeycomb]など
    Targetは最下にあるハニカムを選択
    あとは適当に入力し、Create AVDボタンを押下。

  17. ヴァーチャルマシンの起動
  18. Android SDK and AVD Managerより、
    Virtual devices – マシンをリストより選択し、startボタン押下。
    暫くしたら起動

投稿者:

Kenzo

サイト管理人です。 お仕事募集中です。 システム開発を生業としています。 どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です