ドライバ完了

Android端末のUSBドライバインストール方法

今回扱うUSBドライバとは、Android機器を Android Composite ADB Interface として扱う為のドライバです。
Rootを取る際に使用したり、ソフト開発の為に使うもので、PCからSDカードの中身の参照…とは違う話になります。

この記事内容はAndroid機器全般に使える内容かと思います。
今回は 中華タブレット LY-F521(GT-PAD, M801) を用いて解説します。
“M801_88″などの文字列はお使いの機器に置き換えてください。
なお、あくまでも自己責任で作業を行ってください。

必要な物

・本体
・android-sdk (http://developer.android.com/sdk/index.html)

デバイスマネージャーのチェック

“M801_88″があること

ハードウェアIDの確認

“M801_88″を右クリックしプロパティ。
詳細タブからハードウェアIDを確認

実際に使用するのは、”VID_xxxx”,”PID_xxxx”,”MI_xx”の3つ

USBドライバの準備

USBドライバiniファイルの書き換えを行う
android-sdk-windows\extras\google\usb_driver\android_winusb.inf
上記のファイルをテキストエディタで開き、
PC環境に合った”[Google.NTx86]“の箇所か”[Google.NTamd64]“の箇所に、
先ほど取得したハードウェアID情報を追記する。
※32ビット環境はx86、64ビット環境はamd64です。
今回は以下のように追加

;M801_88
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_DEED
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_DEED&MI_01

USBドライバのインストール

デバイスマネージャーに戻り、ドライバの更新を行う。
“コンピューターを参照して…”を選択

iniファイルのディレクトリを指定し、”次へ”。
(画像の例では、SDKの階層を指定し、”サブフォルダの検索..”にチェック)

エラーが出るが、”…インストール…”を選択し、続行

インストール成功画面が表示されるので、デバイスマネージャーをチェック

完了

Kenzo について

サイト管理人です。 お仕事募集中です。 システム開発を生業としています。 どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>